玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ガメラ3 邪神覚醒

高校生の時に見たので、見るつもりはあまりなかったのだが、飯食いながら見て、風呂を挟んでラストを見た。
非モテの高校生の時は、特撮を見に来たのに高校生の恋愛を見せられてうぜえ、と島本和彦先生のような子供っぽい事を考えたのだが、今見て見ると、若い子の恋愛を後押しするガメラが寅さんのようでカッコよかった。男はつらいよはちゃんと見たことないのだがな。
テレビシリーズで寅さんが死ぬ所だけは見た。
んで、ガメラ3は1999年だから、ブレンパワードの次の年なんだよな。
マナの概念とかはブレンパワードのオーガニック・エナジィみたいな感じだな。
人間と対等に対話するガメラブレンパワードっぽくて、前田愛を無理やり取り込んでエネルギーにするイリスはグランチャー的だな。
前田愛ガメラ憎しからイリスを育てたわけだが、宇都宮比瑪はビルとか壊しまくりで暴れるのブレンパワードを「物を壊すと嫌われちゃうんだから!」と叱って手なずけてしまったのでスゲー。
つまり、樋口真嗣は富野大好き。
あと、ガメラシリーズを見ると自衛隊がカッコいいよな。自衛隊は怪獣相手ならカッコいいな。
今は人間が一番の怪獣だからな。
小さき勇者たち〜ガメラ〜も見たくなった。