玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

ガンダムビッグエキスポ2009閉幕富野からのメッセージ

ガンダムファイナルステージには富野監督が登場したっ!
俺は立見で後ろの方だが、トミノを見た!


その前に、ガンダム00の劇場速報を見た!
まもまもミキシン絶望先生カオスヘッドとかマイスターと水島精二監督を見た。
またマイナーチェンジの機体が出るみたいです。名前はググろう。


で、そのあとで、司会のお姉さんと、30周年にちなんで31人の少年幼女が登場。

監督登場。拍手!
監督サイン!拍手!


ガンダム30周年記念作文を小学四年のメガネ少年が朗読!
デカイガンダムをみて、本物に乗って宇宙作業に従事したくて、全てのガンダムに一瞬で変身するギャラクシーガンダムという俺ガンダムを発表!あらゆる局面に対応できる!
富野「若いアイディアは素晴らしい。おじさんはあのガンダム、このガンダムと分けて考えますが、一つにするのは素晴らしいと思います」
富野由悠季、67歳にして大人の対応!
Vガンダムの頃のSDガンダムデザインコンテストはすごかったよな!
答えは聞いてない。


富野監督も作文を読みました。うろ覚え引用。あとでダムエーかスカパーで見れるはず。

このようにたくさんの人に集まっていただいて本当にうれしく思います。
また、ここに集まれなかったガンダムファンの方がいます。
そして、ガンダムファン以外にも、ガンダムという言葉を知っている人が世界中にいます。
そういった方々が持っている思いとはなんだろう?
それは、我々人間はこの地球で何万年も生きていくんだということです。
Always Begining、いつだって始まりだ、というテーマでしたが、今日、この日を、我々人類がこの地球で何万年も生きていく、その始まりにしてください。
そして、ガンダムという言葉に込めた本当の意味は、これです。
「君は、生き延びることができるか」

素晴らしい。
個人が戦争を生き延びることができるか?から始まって、この地球環境をヒトが生き延びることができるか?というテーゼに拡大。
若い観客が攻殻機動隊の若者みたいに「そんなこと言われてもな。なんか重い。」とか言ってたけど、生き延びることができるかどうかなんて当たり前の事だよ。具体的には俺の給料日前の所持金が千円だよ。
俺は生き延びることができるか?
それに、監督はステージ上の小学生に対しても「簡単に生き延びられるとは思うな」と言ったように思う。
宇宙進出から、地球回帰の物語に転換した富野は父性を無くしたと言われたが、今日の富野は優しくも厳しいおじいちゃんだった。


最後に、みんなで翔べ!ガンダムを合唱。
お姉さんが、みんなでうたいましょう!って言った。
いやにキレの良いダンスで歌いだす少女と、ボソボソと歌う少年、苦笑しながら歌うトミノ
少女歌劇のしこみか!
こ、これは長野オリンピック閉会式の欽ちゃんの再来だ!
監督だけにイタい思いはさせられませんよ!
グダちん、富野と熱唱!
観客は微妙!


監督のやることか!
これでは道化だが、おじいちゃんだからできるんだろ!
早く帰って絵コンテを書いてくださいね。