玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ガンダムビルドファイターズ第21話 きらめく粒子の中で

アイラ・ユルキアイネンの生い立ちと能力がばれてかわいそうだったけど、レイジがイケメンだったのでデレた。
あと、ニュータイプ能力の強化は体に悪いと言う風潮、ファンネルは割と簡単に落とされると言う風潮。
やっぱりキュベレイみたいな末端肥大型のメカを格闘戦でアニメーションにするのは難しいという。

ロングレンジの射撃戦は見栄えが悪いのかなー。高速過ぎてマクロスFみたいになってもよくわからんしな。

ナイチンゲールみたいな明らかに格闘戦に向いて無い機体の懐に入り込んでタコ殴りにした小説版のアムロさんはマジ鬼パイロット。そもそも富野小説の中でのモビルスーツはロングレンジの有視界宇宙機器と言う扱いだったけど、逆シャアベルトーチカチルドレンでは明確に「モビルスーツ史上最長の格闘戦」と書いてあるしなー。そういうのと、ビルドファイターズはまたちょっと違うんだな。


粒子のキラキラ感とお花畑はきれいでした。
アイラの生い立ちが暗かったけど、なんか明るい感じにまとめた。お金の話はホビーアニメには向かないのか?そう考えると、カブトボーグは社会派アニメ。
イオリ・セイの持ってたメカの球体とかアリアン王国の人の球体がなんか光ったけど、よくわからんなー。