玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

仮面ライダークローズの感想

 仮面ライダービルドの後日談のVシネマ仮面ライダークローズを見た。
 

 あんまり考察とかしたくない感じだが。楽しかった。

 TVシリーズ仮面ライダービルドでみんなが命をかけてめっちゃ頑張って世界を守ったのだが、なんか怪人がまた出てきて大変なことになってしまった。
 台無しだよ!
ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ






 TVシリーズでやっつけた極悪宇宙人のエボルトも復活した。
仮面ライダージオウ RKFレジェンドライダーシリーズ 仮面ライダーエボル コブラフォーム


 あーもー、めちゃくちゃだよー。一応エボルトの特異体質的な感じで設定としてはちゃんとしてるかもしれないけど。


 しかし、エボルトはめっちゃ悪いんだけど、やっぱりエボルトも含めて仮面ライダービルドの人たちは好きだなあって思った。みんながんばってるし、かっこいい。
 好きでかっこいい仮面ライダーたちが出ているのが見られてよかった。すごい単純な感想だが。
 戦ってない時のビルドの登場人物たちのワイワイ感やアドリブも交えたハッピー感とかも好き。それが悪によって破壊されるのが悲しい。なので悪をやっつけるという必然性がちゃんと出ていて、それで悪に勝つとスッキリする。


 あと、エボルトは声もスーツアクターの動きも独特に芝居がかっていて面白くて、それも好きだなあって再確認した。今回の敵のエボルトの兄のキルバスはもっと狂っている宇宙生命体で、人間態も仮面ライダーキルバスになってからも独特の動きがエボルトよりもねっちょりしていて面白かった。


 しかし、エボルト、感情がないって言っておきながら内海から人間の面白さを見て楽しんだり、今回も万丈と絡んだりして、人間が意外と好きなのでは?という感じだった。


 で、エボルトと万丈龍我が目立つ感じだったけど、最後の大ピンチのところで万丈が立ち上がる勇気を振り絞る理由はライダーの先輩の桐生戦兎から教わった気持ちなので、そこがやっぱり熱かった。今回の戦兎の仮面ライダービルドは裏方に回っていたけど、ガジェット的な部分だけでなくマインド的な部分で万丈を支えていて、ベストマッチだなあと。


 僕が腐女子だからなのかもしれないが、万丈は戦兎とエボルト、あとカズミンとヒゲの男同士のワイワイ熱血グループの人という感じなので、ラブストーリー要素はちょっとピンとこなかったけど。(まあ、本編の序盤では恋人がいたのだが)熱血マッスル野郎という感じの万丈が改めて女性に好かれて、そこのリアクションの芝居が面白かった。


 ビルドは男同士のワイワイ感が多かったので、二人の女性キャストは色々苦労したとか、助け合ったとか。


 普段はガンダムの長文考察しているけど、こういうふうに「あー、かっこいいなあ」で楽しめる娯楽作品もいいよね。いい。


 しかし、戦兎、カジュアルに超兵器を作っちゃうの、いい面もあるし駄目な部分もあるね。

犬飼貴丈ファースト写真集 きせき

犬飼貴丈ファースト写真集 きせき

  • 作者:犬飼貴丈
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 大型本

  • メイキング

 本編が1時間位だけど、メイキングも結構長かった。ビルドのTV版がクランクアップした2018年の夏にほとんど間を置かずにクローズの撮影が始まったとか。
 スタッフ・キャストの仲の良さやチームワークが和気あいあいとしていた。


 和気あいあいとしている部分をメイキングで見せているけど、やっぱり若手俳優の成長とか悩みみたいな部分もすこし臭ってきていて、みんな本気で頑張っていたんだなあ、と感慨深い。僕は学生演劇をやっていたけど中途半端にやめちゃったので。
 本気で芸能で食べていこうという人たちの覚悟とかは仮面ライダーに負けず劣らずかっこいいと思った。

https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z

著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、投げ銭したい人はこちらから。


 意外とマスクが残っているかも。


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)