玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

怪人による #仮面ライダークウガ 第42,43話 感想 人類悪

 剛力態への超変身をした第45号バッファロー種怪人ゴ・バベル・ダとの戦いがいつもとは違って2話構成の冒頭に持ってきている。あっさり倒された印象はあるが、一条薫警部補が強化型ライフルで筋弛緩弾を打ち込まなければ、クウガもハンマーでタイタンフォームの鎧をバラバラにされて内蔵をぐちゃぐちゃにされて死んでいたかもしれない。カメラワークの都合で映ってないけど、餅つきみたいにボコボコにハンマーを叩き込まれたので。
 クウガはそれくらい一方的な攻撃に苦しんでいたが、バベルが筋弛緩弾で苦しんでいる間に超回復力でマイティフォームに再変身してビートゴウラムを使ってバベルを爆破ポイントの採石場まで運搬する。そして、「金のゴウラム合体ビートチェイサーボディアタック」で怪人を大爆発させた。
 ゴウラムはクウガが苦戦している間に静かにビートチェイサーと合体し、戦闘後は科警研に大人しく戻ってきている。ビートチェイサーに仕込んであった液体金属の力か、ゴウラムが石化せずに戻ってきたことを一度は、科警研の科学者の榎田ひかりは喜ぶが。ゴウラムは金のボディアタックをしたことで消耗したのか、色がくすんでしまった。
 これはビートゴウラムのおもちゃの販売の時にゴウラムがトライゴウラムと差別化するために色がくすんだ「エンシェント・バージョン」にしてある、というマーチャンダイジングの問題だが。2000年現在の電気の力を使ったのに、逆に古代カラーになるというのはちょっと微妙?

  • クウガと未確認生命体は同じ?

 ダグバが大量に殺戮した162体の未確認生命体の解剖を椿秀一医師が1ヶ月で終わらせた。結果、未確認生命体と五代雄介はともに腹部に埋め込まれた未知の鉱石でパワーを発揮するとのこと。特にダグバの力で強化されが第3号ズ・ゴオマ・グの魔石から進展した神経組織は、現在の五代雄介と同じ様相らしい。
 だが、五代雄介は自分の意志がしっかりしていれば大丈夫、と言い切って場を和ませる。


 しかし、前回のゴ・ジャーザ・ギはネットで殺人予告をして犯行をし、クウガを白まで追い込んだのにとどめを刺さずに力を温存し、結果2回めの犯行場所でクウガに待ち伏せされて普通に殺された。グロンギの敗因は人間やクウガを過小評価していること。バラのタトゥの女はしばしばそれを他の怪人に警告していたのだが。
 ダグバは強いと言っても所詮古代人なので、解剖分析というのがわからず、大量の未確認生命体のサンプルを人間に渡してしまった。それまでクウガに倒された怪人は腹部の魔石ゲブロンが爆発している。ゲブロンが爆発していない状態でダグバに殺された未確認生命体の死体を解剖し、特に強化された第3号の解剖の成果により、怪人が傷を魔石からの神経の命令によって回復しているというメカニズムが人間に知られてしまった。
 それで、強化型神経断裂弾という、怪人を人間も殺せる兵器が開発された。


 グロンギの敗北はだいたい人間をなめてるなめプ。


 グロンギとクウガが似ているという研究結果で、クウガの五代雄介は自分の能力を正確に把握できるようになるし、人間も兵器を開発できた。


 グロンギは個人プレイヤーなので、組織として戦ってくる警察とクウガには負けて必然なんだなあ。
 クウガに圧勝しつつあったバベルも筋弛緩剤で階段を転げ落ちて、そこをビートゴウラムに捕縛されてしまった。メ・ビラン・ギの時もやっていたけど、怪人が人間に打ち込まれた毒でダメージを受けるというのは、やっぱり寄生獣の影響があるだろう。


  • 五代雄介は強い

 ゴ・バベル・ダとの戦いはタイタンフォームの生体鎧をトゲ付きのハンマーで破壊されてかなりのダメージだったと思うし、ライジングビートゴウラムアタックもかなりエネルギーを使ったと思うが。
 戦いが終わった後、五代雄介は休みもせずに科警研に向かい、一条、椿、沢渡、榎田、ジャンとともに未確認生命体の生体分析とクウガの能力に関する会議に出席する。
 まあ、それはバベルの事件が起きる前から予定されていた会議だったようだが。五代雄介は疲れた顔も見せず、「究極の闇をもたらす存在にはなりません!」と元気を見せた。
 その後、一条は第0号に殺害された夏目教授の娘の夏目実加のフルートコンクールを応援するために都内に戻る。
 五代雄介は実加のコンクールに行く前に、妹が勤めている保育園で園児たちと遊ぶ。そこでは以前に喧嘩していた園児同士が仲良くしている光景があり、五代雄介を和ませるが。
 命がけの戦いの後、会議に行って、その後たくさんの子供と遊ぶとか、体力がヤバい。強すぎる。その上、保育園でひとしきり遊んだ後はやはり夏目実加のフルートコンクールにバイクで向かう。一日に1個予定を入れたらヘロヘロになる引きこもりの僕には想像を絶するスケジュールだ。
 それで、フルートコンクールに行く途中で、ビルの上に第0号人間態がいる気配を察知すると、バイクを急停車して迷うことなく青のクウガに変身してビルの屋上までジャンプ。連戦の疲れとか関係なく、怪人の気配を感じたらとりあえず臨戦態勢。まあ、第0号の謎の殺気パワーで白のクウガになるまで精神的にエネルギーを消耗させられるが…。
 その後、第0号の気配が遠くなったら、予定通り実加のコンクールに行って、実加に助言をする。
 いくらクウガの霊石アマダムで強化されているとは言え、もうちょっと休もう。

  • 異常な一条さん

 ゴ・バベル・ダをビートゴウラムに載せて運搬するクウガを追って一条さんも覆面パトカー(ほぼ一条さん専用車両になってる)を走らせるが、その前に、第0号の気配を一条さんが感じる。五代雄介が感じる前。
 いやいやいや。


 一条さん、別に改造人間でも霊石を埋め込まれたわけでもないのに、怪人の気配の脳波を感じるとか。


 そして、後半で描かれる誘拐犯が女性を人質にとって拳銃を突きつけて暴れているのを、一条さんは「マグナム弾を発射するコルトパイソン」で、犯人の手から拳銃を撃ち落として確保する。
タナカ コルトパイソン 357magnum 4inch R-model Heavy Weight モデルガン完成品


いやいやいや。


 犯人の手首なくなるやん。それ。ていうか、もみ合いになってる人質女性にマグナム弾が当たる可能性もあるのに躊躇なくコルトパイソンで狙い撃ちですよ。


 ていうか、カメ種怪人ゴ・ガメゴ・レが武器に変身させる指輪を、一条さんは格闘するクウガを援護しながら、全部撃ち落としたので。指に付いてるのを10個くらい。


 一条さん、基本的には骨折しても痛みを我慢する才能に恵まれていても、人間です。(まあ、普通の人は怪人に何メートルも飛ばされるくらい殴られたら骨折じゃすまなくて死ぬんですが)怪人と戦っているうちに、一条さんは普通の人間の動きくらいは止まって見えるようになったのか?こわー。


 そもそも、たまたま事件現場に居合わせたところに知り合いの刑事がいたから、なんとなく逮捕に協力するっていうやる気がすごい。数時間前まで怪人と戦っていたのに。
 ていうか、中学生のフルートのコンクールに普通にコルトパイソンを胸元に挿していくのか。そうか・・・。




  • 人間の二面性

 まあ、一条さんの異常さは今に始まったことではないが、一条さんは五代雄介が無事に戦いに勝利したときはよく笑顔を見せる。
 夏目実加さんはそういう一条さんの笑顔をあまり見てなかったけど、コンクールの応援に来てくれた一条さんと談笑して笑顔を見た。その直後に犯人を取り押さえるリントの戦士としての一条さんを見て怖いってなってしまった。


 また、一条さんの先輩の刑事の桂木さんは「未確認がいなくなったらこういう事件の毎日だぞ」と言っていて、人間社会にも悪が日常的にあるという。


 バベルを追い込んだ筋弛緩剤など、人間にも暴力性がある。割とわかりやすいテーマである。


 だから、五代雄介が守ろうとしている人間にも犯罪者が居るから人間が悪なのか?というと、そう単純な話ではない。


 今回の犯人は26歳の若さで蟻川社長の会社をリストラされた。なので、恨みを持っている。しかし、蟻川社長を拉致しても射殺する度胸はなかった。
 またこの犯人の間宮は憎しみを抱いているが、犯行直前に事件現場でありフルートのコンクールの会場であるARIKAWAビルの手前で夏目実加が父の形見の桜貝のブレスレットを落としてしまったら、それを拾って手渡してくれるという優しさもあって、百パーセントの悪ではない。


 そもそも、20代のリストラされた会社員が拳銃をどうやって入手できたのかも不明だし、間宮容疑者は蟻川グループに敵対する組織から鉄砲玉扱いされた可能性もある。


 また、社員を強引に大量にリストラしておいて、蟻川社長はフルートのコンクールを主催して社会的にいい人ぶろうとしているので。


 誰が悪いのか考えると難しい。でも、五代雄介は自分の手の届く範囲の人は善悪を問わず、できるだけの無理をして助けたいし人は話し合いで解決できると思う人。
 でも、一条さんは話し合いをしている場合じゃない時に執行する人。どちらも難しい生き方だ。



  • ほしい物リスト。

https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z


著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、投げ銭したい人はこちらから。


 最近はこんなのをもらいました


note.com
noteでは金銭のサポートができます。


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)