玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

機動武闘伝Gガンダム43獅王争覇!グランドガンダム迎撃作戦

なんか歩いている時暇だから感想でも書く
ブログは歴史的資料らしいし


今回もすごい密度でした
五つくらいのエピソードが編まれてたっぽい
すげえ
その分、迎撃作戦の細部の戦い方を説明してないんだが(ガンダムマックスターが縛られてたら、いつの間にかほどけた、と思ったらローゼスビットとか)
絵で描いてるんだから分かれ!って言うのは潔くて良い
っていうか未来世紀の技術は普通に空間元素固定とか精神のエネルギー転用が科学的に可能な世界なので20世紀にアニメ化した時には説明不能
雰囲気とか感情が分かれば良い


今回は今まで接点の少なかったチボデーとジョルジュのエピソード
横のつながりが増えると世界が豊かになる
これを一年かけて順列組み替えしたのがガンダムW


しかしチボデー×ジョルジュと見せて、
ジョルジュとマリアルイゼの闘いが対になっているのも見事
チボデーのガンマンとしての側面は今までなかったのに、ここへ来て活かすとは!
ローゼスビットブリットは良く分からんがかっこいいので良い!


ガンダムローズは優雅だがやはり最後はパワーファイター
今までの闘い振りの決算だなあ


チャップマンという人の事は中学生の初見では良く分からんかった
今回は見返して少しは可哀相だと分かった
グランドガンダムはあまりかっこよくないし戦い方もよく分からんかったが、今日は一応砲撃と押し潰しが怖いと言う事が分かって良かった
しかしチャップマンのスマートな戦い方ではないから可哀相
よみがえったがチボデーとジョルジュに殺されて良かった
主人公たちが敵を殺すのは、敵の憑物落しでもある、というのが正義っぽくていいな


それは次回のシュバルツにもあてはまる


アレンビーは島本和彦萬画に出そうなキレ方


ウォンが東方不敗に「安全なところから人を操る浅知恵」とかシロッコみたいに言われた
シロッコは実際に前線に出るからウォンの方が悪い
デビルガンダムも拾い物だし


ラストはハーモニーではないがかっこいい止め絵
今川泰宏だなあ