玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

Zガンダム恋人たち、カミーユ女体化非処女問題

こないだ、ガンダム主人公達の童貞リストを作った。その際、カミーユがフォウに中古だとぶっちゃけ過ぎだったので非処女だったらどんなものかと男女交換コピペ改変してみた。
想像以上だった。

フォウ「なぜ一気に撃墜してくれんのだっ!なら、オレが潰すぞ!」
カミーユ「私は両親が殺されるのを見たのよ!」
フォウ「何?」
カミーユ「つい、こないだの事よ・・・・・・。でもね、そういう事も何もかもフォウには知っていてもらいたいって思って 」
フォウ「知る・・・?」
カミーユ「もう一度だけ、そばに行きたいのよ!」

フォウ「知って…。そんな事を知ってどうなる!」

  • カミーユ、言いながらフォウの足元に這い上がる。

カミーユ「父も母も技術者なんだけど、バカだったのよ。
ティターンズエゥーゴの違いも分からないで技術開発に無我夢中でさ。
だから私は一人で放っておかれたから、そりゃハイスクールでは好きにやってたわ。
でもね、私はハイスクール前から母に愛人がいる事を知ってたの。
ボーイフレンドが地球の煙草を吸うのが好きで母のシャツに同じ煙草の匂いがしてたから」
フォウ「あぁ・・・!」


カミーユ「父はそんな母の愛人の事を全く問題にしていなかったのよ。なぜだと思う? 」
フォウ「なぜだ?」
カミーユ「父は仕事が面白かったのよ。仕事の邪魔をされないのが、父の喜びなんだから。
私の事は、お隣のファー任せだったわ。うるさい男でね」
フォウ「うるさい男?」
カミーユ「爪を噛むな、両手をちゃんと洗え、ショーツを取り替えてるかだって!」
フォウ「嗚呼ッ!」
カミーユ「ううッ、私って、何を話してるんだろ…」


フォウ「……カミーユって名前、今でも好きか?」
カミーユ「とっくに好きよ!自分の名前になっているもの」
フォウ「そうか、オレも好きだ。カミーユ・ビダン・・・」


カミーユ「あっ!?」
フォウ「・・・・・・お互いの居場所に戻ろう。ここはお前にはふさわしくない」
カミーユ「本気なの?フォウ!

  • フォウ、撃つ

カミーユ「アッ!フォウ!」
フォウ「出て行け!もういい!」
カミーユ「フォウ……でもっ!」
フォウ「今度近づいたら本当に撃つ。いいな! 」
カミーユ「・・・・・・」


フォウ「カミーユ……。これで、忘れないで済むというもの・・・・・・フッ」

えーっと、処女論争やジェンダー論をするとブログが荒れるのでしない。
とりあえず、フォウは懐が広すぎ。カミーユ成層圏で酸素足りてない。