玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

機動戦士Vガンダム外伝。

機動戦士Vガンダム外伝 (角川コミックス・エース)を再読んで見た。ちょうど、アイネイアースでザンスカールに潜入する合間の話なので。
巻末の年表を見ると、4月29日にハイランドを出港して、5月4日にザンスカールに到着。
アポロ11号が4日間で月に到着なら、そんなものですかねえ。
その合間の話。
ウッソはやはり、年上フェチと言うよりもインド萌なのか。アムロの年上フェチを3代かけてシャアの家系が手に入れたと思ったんだが、やはりインド。
長谷川裕一先生の萬画はやはり良い。
んで、逆襲のギガンティスの長谷川先生なりのニュータイプに対する結論?のジュドーの台詞がリーンの翼のエイサップの台詞に被ってて面白い。
「死んだものは何もしない!何も出来ない!だから、だからこそ命が、その一つ一つが大切なんじゃないか!」
クロスボーンガンダムに関わった事が富野由悠季が白トミノになるきっかけだと思うので、長谷川裕一先生は神。功績は計り知れないなあ。