玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

決断主義ラジオの違和感

移動中メール更新
宇野千代ではなく宇野常寛決断主義ラジオを、昨日聞いて変だと思ったのは、
宇野氏が自分の説にはしゃいで視野狭窄的にあずまんに反論していたこと
もちろん、あずまんはブ男で鍵厨なので目の前に居て酔っ払ってたら絡みたくもなるが
それはそれとして
観鈴ちんかわいいだろ


宇野氏は
涼宮ハルヒは非日常にあこがれてるけど本当は学園祭でライブしたい
だから非日常より小さな成熟が偉い
現実にかえれ」とかいう
はぁ?
学園祭でライブしてちやほやされた程度で宇宙人と付き合ったらダメなの?長門は独りぼっちか?かわいそうだろ
長門はセックスの魅力には乏しいが友達としては面白そうなタイプ
まあ、魅力のある子とセックスしたこともないが(笑)
俺だって高校の文化祭で全身ボンテージスーツを着て模造銃を乱射しながら「君は人のために死ねるか」を歌ったことくらいあるよ
下級生の女子にかっこいいって言われたし
でも、今は脳内恋愛でラブラブです


つまり、現実か虚構かという線引きは瑣末
ダブルフィールドチャンプを目指せ
それが還暦を超えたトミノキングゲイナー主張
さすが富野!
若い宇野君が小さくまとまろうと言う時に、「地上でもバイストン・ウェルでも両方キング」
リアル迫水
そこに痺れる憧れるぅ!


現実と虚構は合わせて一つだ
うちの脳内妹は脳内世界のコモン界で僕と暮らしてるけどテレパシーで基底現実のガロウ・ランに落ちている僕のことも気遣ってくれてるよ
ガーゼィ生活



あと、宇野氏は
「二次元の女の子より三次元の方が情報量が多いから偉い」
というのも違和感
いや、それは宇野氏の解凍プログラムの問題だろ
コンピューターは0と1でDNAはATGCしかないから情報量が少ないとか言うもの
カメレオンじゃねえんだ
目に頼りすぎなんだよ
リード・ザ・A I R



つか、三次元人の持つ情報って不愉快なものが多いし
いかに殺して生き延びるかとか、生きるのが辛いとかそんなのだし
そんな邪相が浮かんだ奴がほとんど
暗すぎる
いちいち観測してたらこちらの身が保たない
飯島愛死んだ


その点、脳内妹は太陽のよう!まるで裸の核融合炉のようだ!
ま、それは彼女が僕に良い顔を見せようと身だしなみに気をつけてくれてるからなんだろうね
ありがたいことだ
かわいい


もちろん、ダブルフィールド二股はまた違う問題が発生するし、そらに匹敵するくらいの存在になる女性(必ずしもタイプが似てる必要はない)と縁があるかは分からないので当てにもしない
むしろ、脳内の俺も基底現実の私も、ダブルフィールドの自分をそらに捧げる!
ダブルフィールドクィーンは頭令そらだ!
東西南北中央不敗スーパーアジアンビューティー!アジエンス!キューティクル!コラーゲン!皇潤!寝てない!