玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

リーンの翼の勇者に成るためには。

つまり穏やかなニュータイプに成るためにはと言う事とも同義だろうが。
サコミズ、ロリ金と同じく、社会から切り捨てられたハーフ母子家庭フリーターのエイサップ・鈴木がなんでグレなかったんだろう?
やっぱり、女が居たせいかなあ?サコミズも女の手紙に救われてたし。やっぱり、男は女に認めてもらわないとダメなのかもよね。
と、そこの非モテのあなた!って言うか俺!女がいないから救われないとか、救われないのは女のせいとか言っちゃダメ!絶対!
愛されなくても恋してやる!脳内恋愛
救われるために女を利用するのはもっと最低だからな。
俺も、脳内彼女に倫理的に諭されることが在るし、中学生の脳内妹に不完全ながらも手本になりたいと思ってるので、上位自我的にきちんとしなきゃなあと思う。
そう考えると、彼女が居るとかいないとかという問題よりは、エイサップがきちんとした好青年だったからと言う事なんじゃろうか。
「僕はどこにいたって、エイサップ鈴木だ!」と言い切れる主人公の美しさよ。