読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第12巻(完結) いのち

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴーストは主人公がオタク眼鏡ということもあり非常に僕の中で大切な作品になった。 そういうわけで、最終巻は発売と同時に買ったのだが、これまでの11冊を読み返して感想を書こうと思ったところ体調の悪化やGレコの復習など…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第11巻 すごいプレッシャー!

プレッシャーというか、「圧」がすごい。 月軌道を中心にした数億枚のスペースコロニーの鏡とサイキック能力を使った超大規模ソーラ・システムで宇宙細菌を焼き尽くす作戦の中で戦うガンダムたちというのもすごいし、高熱の光の圧がすごい。 ソーラ・システ…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第10巻 バトルだ殺人だ!Gレコとの共通点と違う所

長谷川裕一先生のガンダム萬画だ!ほぼ、僕が感想を書いている萬画はこれくらいなんだが。 今回は木星帝国の皇帝の忘れ形見でザンスカール帝国過激派キゾ中将を倒すため、木星共和国穏健派蛇の足とリガ・ミリティア合同軍と、木星共和国過激派のサーカス部隊…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第9巻 命を重ねる意味 人を育てるということ

個人的に富野由悠季監督のストーリーテラーとしての一番弟子と言うか、富野監督の思想を分かった上で発展させられるのが長谷川裕一先生だと思っている。最初の機動戦士クロスボーン・ガンダムで富野監督と二人三脚で連載漫画を描いた人だし。 それで、クロス…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第8巻 すごい科学と人間観

今回の内容はフォント・ボーがファントムを変形させて超スピード加速をして、宇宙戦艦から発射された核ミサイルを破壊する。という話。 ファーストガンダムでアムロ・レイがマ・クベの水爆ミサイルを切ったことのオマージュなんだが。ミサイルに追いつくとい…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第7巻 神萬画

感動して泣いてる。 やっぱり命の大切さをきちんと描くガンダムって偉いと思うんですよ! こういう長谷川裕一先生の真っ当な少年漫画っぽさは良いです。 しかも、宇宙戦国時代というガンダムで一番ハードコアな時代を上手くアレンジしている。 マリア・エル…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第6巻 エンジェル・コールは神の試練か?

追記。 外宇宙生命体として希望をもってエンジェル・コールと呼ばれた細菌は、46秒で接触した人間をドロドロに溶かす超危険な細菌兵器だった。 これを奪ったエリンは「地球の人間など滅べばいい。コロニーや木星で暮らせばいい」と言っていたが、そんな彼で…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第6巻 海賊武侠小説から神話へ

長谷川裕一先生は、この宇宙で富野的なものを吸収している人のうち四天王の一角だと思っている。そんな最新宇宙世紀ガンダムのクロスボーン・ガンダムゴーストの感想です。素晴らしすぎて、発売から1カ月以上感想が遅れてしまった。機動戦士クロスボーン・ガ…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第5巻 ジャブロー陸水空3大バトル!

クロスボーン・ガンダム ゴーストの6巻を買ったのだが、5巻の感想を書いていないことを思い出したので、読み返した。ちょうど精神的に悪化していたので感想を書いていなかった。 で、ストーリー的には大して進展のないバトル展開だけだと舐めていて、6巻…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第4巻新ガンダムかっこよすぎ!

機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト1巻(冒険の始まり) - 玖足手帖-アニメ&創作- 機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト2巻宇宙戦国時代小説武侠冒険SFロマン - 玖足手帖-アニメ&創作- 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第3巻海賊武侠 - 玖…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第3巻海賊武侠

機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト1巻(冒険の始まり) - 玖足手帖-アニメ&創作- 機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト2巻宇宙戦国時代小説武侠冒険SFロマン - 玖足手帖-アニメ&創作- この続き。2月末に出た単行本だが、諸事情で感想を書くのが遅…

機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト2巻宇宙戦国時代小説武侠冒険SFロマン

時代小説は、『銭形平次』のように架空の人物を登場させるか、実在の人物を使っても史実と違った展開をする。史実や著者の訴えよりも面白さ、いわゆるエンターテインメント性を重要視したのが時代小説である。吉川英治の一連の作品や池波正太郎の『鬼平犯科…

機動戦士クロスボーン・ガンダム感想目次

機動戦士クロスボーン・ガンダム (1) (角川コミックス・エース 2-17)作者: 長谷川裕一,矢立肇,富野由悠季出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2011/01/26メディア: コミック購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (13…

機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト1巻(冒険の始まり)

冒険の始まり! と言った感じの1巻。 まだ始まったばかりだ! でも、アニメ換算の序盤1話〜4話でやるべきことはやってて、主人公の立場、時代、土地の明示、ヒロインの登場、謎の敵の襲来、カッコいい味方の登場、カッコいいガンダムの登場!!!、主人公…